背中ニキビの跡を治すには、どんな治療方法があるの?

背中ニキビの跡を治すには、どんな治療方法があるの?

背中ニキビの跡を治すには、どんな治療方法があるのでしょうか。

 

背中のニキビ跡を治すには、自分でピーリングする方法もありますが、ニキビ跡は頑固なので、早くキレイにしたい場合はエステや美容皮膚科を訪れると良いです。

 

エステでの背中ニキビ跡のケア

 

エステでは、ニキビ跡をケアするのにピーリングが使われることが多いです。

 

ケミカルピーリングと言い、フルーツ酸などの薬剤を使って、表面にある角質を剥がすものです。

 

ニキビ跡部分に効果があるだけではなく、肌自体に透明感がでてくるという嬉しい効果があるのがポイントです。

 

また、エステによっては、ピーリングのあとに、さらに美容成分を肌に導入する施術をしてくれるところもあります。

 

ピーリング後は、肌の古い角質がなくなっている分、美容成分も浸透しやすくなっているので、こういった施術は嬉しいですよね。

 

背中は自分でのケアが難しい面がありますが、こうしたエステなどで行うと残すことなくケアできるでしょう。

 

ピーリング後は保湿をすることや、日焼けに注意します。

 

美容皮膚科での背中ニキビ跡の治療

 

美容皮膚科では、ピーリングもありますが、レーザー治療がもちいられることもあります。

 

主に使われている方法は”フラクショナルレーザー”というもので、肌の深い部分にレーザーを当てて、肌を入れ替えるというものです。

 

フラクショナルレーザーは、肌に小さく細かい点の状態で穴を開けることによって、肌を入れ替えるものです。

 

レーザー治療の料金は、クリニックよってばらつきがあります。

 

ただ、広い範囲の治療になるほど料金が高くなりのが普通なので、背中だと範囲が広いため、高額になることが多いです。

 

レーザー治療の後は、痛みが伴うということや、数日間ダウンタイムと呼ばれる赤みが生ずることもあります。

 

まとめ

 

最後に、それぞれのポイントをまとめておきましょう。

背中のニキビ跡の治療

 

エステでケアする場合…自分でやるよりはお金もかかるものの、きちんとしたエステであれば、自分でやるより効果はある。

 

美容皮膚科での治療…より高い効果が期待できるが、料金は高額。

 

※背中ニキビのピーリングは自分でもできますが、自分でおこなう際には、十分に気を付けながらおこなってください。